【プリンパパ】キャンセル待ち 🐈

2018年4月15日

猫ウイルス検査(FIV)が陽性で1匹だけケージから出られないプリンパパ。

 

触れるしシャーもしませんが、心を閉ざしています。

 

 

そして、オスなので発情していて、夜になると大きな声で鳴き続けています。

 

お世話しているスタッフが寝不足の日々…。

 

プリンパパもかわいそう。

 

動物病院に相談した結果、地域猫としての手術のキャンセル待ちをすることになりました🚙

 

キャンセルが出るまで動物病院にお泊まりです🐱

 

病院にいる間は更に狭い場所で待たなければならないので、パパのストレスが心配です。

 

早く手術してもらえますように。

 

 

 

この尻尾がプリンの色🐱

私は個人的に、猫のしっぽのシマシマ模様が大好きなんです🎵

 

 

 

  この記事を書いたのは

ねころび代表
ねころび代表
地域猫のTNR活動と保護をしています。増え続ける野良猫の繁殖を抑制し、苦情や殺処分を減らしていきたい。猫に餌を与えないで下さいという掲示を見る度に胸が痛みます。保護猫以外の猫、犬、うさぎも一緒に暮らしています꒰⑅•ᴗ•⑅꒱

ねころびは全国の動物保護活動を応援します。

法人の大きな組織も、数人で運営する小規模組織も、たった一人で頑張っている個人の方も、動物を愛する気持ちはみんな同じ。
ねころびは同じ志で動物保護活動を行なっていらっしゃる方々が、少しでも楽に組織を運営できるよう、ねころびホームページ内にて運営に必要なデータ等のダウンロードサービスを始めました!
ちらし、申込用紙、譲渡会パンフレットなど、ねころびで作成した、パワーポイント、ワード、エクセルの汎用可能なファイルを公開いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です