【多頭飼育崩壊】中村区で発生 🐈

2018年4月26日

譲渡会でお世話になっている

みなと猫の会さんからの情報です🐱

 

私なりにまとめます。

 

名古屋市中村区で多頭飼育崩壊発生。

 

生活保護を受けている飼い主さんが、アパート建て替えのため6月までに退去。

 

人慣れした猫10匹が外に出され、餌付けしている野良猫が4から5匹、産まれたての子猫もいるそうです。

 

当の本人はあまり危機感がなく、親身になって動いて下さってる方々に対して子猫を隠していたそうです。

 

多頭飼育崩壊によくある話です。

 

その子猫達はノミだらけで、洗ったら真っ赤な液体が流れてきたそうです。

 

この飼い主さんも、野良猫がかわいそう、猫が好きという気持ちは私達と同じなんだと思います。

 

ただ、避妊去勢手術をしないと、どんどん増えてしまうということを知らなかったんでしょうね…。

 

または、増えすぎて手術するお金がなかったのか、手術するなんてかわいそうという考えの方でしょうか。

 

TNRの反対派の方は、手術するなんてかわいそう、そんなことしたら猫がいなくなる、人間にそんな権利はないと言います。

 

猫を捨てて野良猫にしたのは人間です。そのせいで、外で辛い思いをしている猫がたくさんいるのです。

 

これからみなと猫の会さんが、捕獲と避妊去勢手術に入ります。

 

かなり人慣れしている子達とのことですので、ねころびでも少し預かりのお手伝いをさせて頂こうと思っています。

 

数年前に福岡で多頭飼育崩壊があった時には、私とスタッフがそれぞれフードを送った記憶があります。

 

今回は、直接お手伝いができたらと思っています🐱

 

 

 

  この記事を書いたのは

ねころび代表
ねころび代表
地域猫のTNR活動と保護をしています。増え続ける野良猫の繁殖を抑制し、苦情や殺処分を減らしていきたい。猫に餌を与えないで下さいという掲示を見る度に胸が痛みます。保護猫以外の猫、犬、うさぎも一緒に暮らしています꒰⑅•ᴗ•⑅꒱

猫ちゃんの里親探し掲載します。

ねころびでは、保護活動を行なっていらっしゃる他の組織からの掲載依頼も受け付けています。
譲渡を待っている猫ちゃんの情報をお知らせください。
ねころびサイト上にて掲示いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です