野良猫への餌やりは悪なの? 🐈

野良猫

 賛否両論あると思いますが、掲載します。

名古屋市の繁華街や公園には、

“野良猫にエサを与えないで下さい。マナーを守りましょう。”
“見つけたら警察に通報します。”

このような看板がたくさんあります。

 

回覧板で回ってきた時には、驚きました。

 

 

私が思ったことは、餌やりをやめましょうでは何の解決にもならないという事です。

 

安易な野良猫への餌やりが原因で野良猫が子どもを産み、糞尿被害に迷惑している人がいる。

だから、野良猫に餌をあげる人が悪い。

行政にも地域にも、このような考えの方が多いようです。

 

保護活動をしていく中でたくさんの地域の方とお話をしてきましたが、みなさんそうおっしゃいました。

保護をしていると伝えても、文句を言われたり怒鳴られたりします。

 

ここで餌をあげるな!

糞尿をするから餌をあげるのをやめてくれ!

 

その一点張りです。

 

猫は生きています。

人が餌をあげなくてもゴミをあさって食べます。子どもも産みます。

生きているもの皆、糞尿をします。

 

私自身、野良猫が家の敷地内に入ってきたり、車に乗ってきたりという経験がありますので、迷惑に思う方の気持ちも理解できるつもりです。

 

私はこのような活動を始めるまで、野良猫に餌をあげたことはありませんでした。

それは、無責任に関わってしまうことができなかったからです。

一度餌をあげてしまえば、また次の日も待っているかもしれない。私はそれが怖くてできませんでした。

 

野良猫に餌をあげているのは、猫が好き、野良猫には罪はないからかわいそう。

そういう方々だと思います。

 

毎日外にいる野良猫を気に掛けて、雨の日や雪の日も餌をあげに行くことは大変なことだと思います。お金も掛かります。

 

そういう方々を悪者にするのではなく、TNRの正しい知識を持って頂き、行政やボランティアと協力し合えばいいのではないでしょうか。

 

そして一代限りの命を見守り、共存していくべきだと思います。

 

それができている地域はたくさんあるので、名古屋市でもできるはずです。

 

捕まえて処分するよりも、餌やりを禁止するよりも、TNRの方が野良猫を減らしていく方法として一番有効であるという結果が出ています。

 

正しい知識が広まり、殺処分という悲しい運命を辿る猫がいなくなりますように。

 

 

 

 

以下、朝日新聞に掲載された記事の引用です。

朝日新聞のまとめサイト『Sippo 犬や猫ともっと幸せに』より。

 

野良猫の餌やりは悪なの?「禁止」条例が独り歩き、トラブルも

野良猫への餌やりを、どう考えたらよいのでしょうか。条例で禁止する自治体も出てきています。
年間約5万匹を数える猫の殺処分にも関係する「餌やり」について、条例がある自治体の状況を取材しました。

京都市で野良猫に餌やりをしていた女性らが、男から「餌やりをするな」「やめないなら街宣車を送り込む」などと怒鳴られる住民トラブルが昨年7月に発生。
京都地裁は今年3月、餌やりを妨害した男に損害賠償を命じた。

女性らは、野良猫を保護・管理する「地域猫活動」の一環として餌やりをしていた。
被害者の代理人を務めた植田勝博弁護士によると、事件が起きた背景には京都市が2015年に施行した「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」があったという。「条例によって地域住民は、野良猫への餌やりが悪いことである、あるいは犯罪行為であると誤認した。結果として住民同士のいがみ合いが生じ、餌やりへの妨害行為が事件にまで発展してしまった」

条例は「不適切な給餌(きゅうじ)の禁止」を定めるが、「不適切」の定義がわかりにくく、「餌やり禁止」だけが独り歩きした。
また、制定のきっかけが「観光地などで猫の存在やその糞尿(ふんにょう)が迷惑だと、苦情の対象になっていたため」(市医務衛生課)だったことも、事態をこじれさせた。
市は京都府と共同で、餌を与えると糞で困る人が増え、猫が地域の嫌われものになる――などとするチラシも作った。

こうしたことから、同課は「餌やりが全く禁止されたと受け止める市民が出てきた」と認め、「餌やりを全面的に禁止したわけではなく、野良猫を減らしたいという思いだった。誤解をといていきたい」とする。
猫に関する苦情は、14年度が765件で16年度は715件。条例施行前後で大きな変化は見られない。

東京都荒川区は、ある高齢者によるカラスやハトへの餌やりが住民トラブルに発展したことがきっかけで、09年に餌やりに関する条例を施行した。
だが、罰金対象となる「給餌による不良状態」が指す内容や、野良猫に対する餌やりの扱いがわかりにくく、混乱が広がった。

このため荒川区では「猫を地域で適正に管理してもらうのが狙い」などの情報を積極的に発信するようになった。猫に関する苦情数は条例施行前後で横ばいで、毎年約150件で推移しているという。

不妊・去勢手術を施されると解放され、「地域猫」としてボランティアらに管理される。耳の先にV字の切れ込みがあるのが、不妊・去勢手術済みの猫、通称「さくら猫」である証し

坪井大地さん提供

 

■殺処分の減少が目的

和歌山県は今年4月、「動物の愛護及び管理に関する条例」を施行。条例の制定にあたっては「生活環境への影響も考慮したが、それよりも大きかったのが猫の殺処分数の多さだった」(県食品・生活衛生課)。人口10万人あたりの猫の殺処分数が常に全国ワースト5位以内に入っていることを問題視、この数を減らすことを目的にしたという。

殺処分数を減らすため、地域猫活動を盛んにし、野良猫の不妊・去勢手術が進むように条例を構築。過料5万円以下が科されるのは、不妊・去勢手術が行われていない猫への餌やりなどに限られる。公立の公園や河川敷での餌やりも認める一方、苦情につながる糞尿については「速やかに除去すること」とする。手術費用を県が全額助成する制度も始めた。

施行から半年あまり。条例を巡る混乱はなく、県内の動物愛護団体代表は「地域猫活動について県民の認知度があがり、猫に堂々と餌をあげられるようになった」と喜ぶ。県も、目標とする殺処分数減少について「成果が見えつつある」としている。

■人間との信頼築き「地域猫」に

16年度に殺処分された猫は全国で5万3502匹(負傷猫を含む)。殺処分を減らすには、野良猫が新たに子猫を産まないようにするのが最も効果的と考えられている。

野良猫への餌やりは、そこに向かう有効な手段というのが、動物愛護団体の間では一般的な見解だ。
野良猫を捕まえ(Trap)、不妊・去勢手術をし(Neuter)、元の場所に戻す(Return)、「TNR活動」が、地域猫活動として広く行われている。TNR活動を進めるには、地域にいる猫の数などを把握し、捕まえられるよう人間が近づく必要がある。そのためには餌をやり、信頼関係を築く行為が欠かせないのだ。地域猫活動を撮り続けている写真家の坪井大地さんも「捕まえるには餌を使って誘導するのは基本。地域猫活動として餌やり行為は必須なことだと思う」と話す。

条例などで一方的に野良猫への餌やりを禁じたり、抑制したりすれば、こうした活動に制約を加えることになる。結果、野良猫はかえって増えてしまう可能性がある。約20年にわたり、東京都を中心に地域猫活動を続けているNPO法人「ねこだすけ」の工藤久美子代表は、周辺の環境に配慮した餌やりを行う必要性を強調しつつ、こう指摘する。

「餌やり禁止条例によって、周辺自治体も含めて『餌やり=悪』というイメージが定着すれば、地域猫活動は萎縮してしまう。そうなれば殺処分される『不幸な命』が生まれ続ける。住民同士のトラブルや、猫による地域環境への悪影響もかえって増えてしまう」

 

太田匡彦(おおたまさひこ)さんの記事

 

 

 

 

 

  この記事を書いたのは

ねころび代表
ねころび代表
地域猫のTNR活動と保護をしています。増え続ける野良猫の繁殖を抑制し、苦情や殺処分を減らしていきたい。猫に餌を与えないで下さいという掲示を見る度に胸が痛みます。保護猫以外の猫、犬、うさぎも一緒に暮らしています꒰⑅•ᴗ•⑅꒱

猫ちゃんの里親探し掲載します。

ねころびでは、保護活動を行なっていらっしゃる他の組織からの掲載依頼も受け付けています。
譲渡を待っている猫ちゃんの情報をお知らせください。
ねころびサイト上にて掲示いたします。

野良猫への餌やりは悪なの? 🐈” に対して1件のコメントがあります。

  1. たなか より:

    あなた方が やられている餌やり、、、
    一見責任を持たれているように 聞こえますが
    糞尿の、処分や他人への迷惑への 責任は 完璧に果たされて いますか?

    猫好きが ペット感覚で 一時的に 自己満足に浸っているだけでは?

    野良猫への餌やり、、、完璧に責任を果たしているならば 猫を連れ帰り 完全室内飼育で 他人に迷惑を掛けないくらいの 覚悟でなければ

    あなた方が 言われていることは すべて詭弁でしか ありませんよ

    1. ねころび代表 より:

      貴重なご意見をありがとうございます。返信が遅れて申し訳ありません。

      私達ねころびは、野良猫への餌やりをしているわけではありません。

      餌やりは保護すること、TNRが目的です。保護する予定のない猫の餌やりは行なっておりません。

      他の記事はご覧頂きましたでしょうか。

      なごやかキャットサポーターという名古屋市の制度では、自宅の敷地内に猫用のトイレ置くことが定められています。

      名古屋市でも認められている活動です。

      ペット感覚で餌やり…確かにそういう方もいらっしゃるかもしれません。そのような方達でも、悪者にするのではなく協力し合っていけたらという想いで掲載しました。

      完全室内飼育で…私達ねころびはシェルターとして保護猫用の部屋を借りております。現在15匹保護しています。その子達を人に慣らして、避妊去勢手術、ワクチン接種、必要な医療行為を行ってから里親探しをしております。

      ご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です