猫アレルギー or ダニ 🐈

2018年5月10日

先日、私の目の充血が酷いと書きましたが、充血の仕方が過去見たことがないぐらいで、白い所より赤い所の方が多いぐらいでした💦

 

市販の目薬をさしても良くならず、更には耳から手足まで湿疹が出始めました❗

 

さすがにまずいと思い眼科を受診。

その後、皮膚科とアレルギー科がある病院も受診しました🏥

 

眼科では目の中で菌が繁殖していると言われ、コンタクト禁止令。

 

皮膚科ではダニに刺された可能性が高いと言われました。

 

子猫達は肉眼で確認できるほどの大きさのダニだらけでしたから、納得です。

 

保護してから病院で駆除してもらうまでの数日間、ダニ付きでミルクあげてましたから😢

 

他の動物達にうつらないように接触は避けて掃除も徹底していましたが、自分がこんなことになるとは予想していませんでした😢

 

ガーン ❗

 

いつもは子猫にも妊娠している猫にも使えるフロントラインを常備していますが、最後の一本を使い終わったばかり。

 

注文したらGWでなかなか届かず、病院も休診だったので駆除をするのが遅れてしまいました💦

↑フロントライン💊

 

動物病院で使われているものです🐱

保護猫ちゃんにすぐつけてあげられるように、まとめ買いしています😊

市販の物は刺激が強いわりに効果が薄く、子猫や妊娠している猫には使えないので、私は使用していません。

実際、私の飼い猫オセロが市販の駆除薬をつけたら身震いをして、その後様子がおかしくなったことがあります。

それなのになぜ売られているのか疑問です。

 

 

 

病院で処方された薬が効かなかったら、アレルギーの検査をしてくれることになりました。

 

今になってまさかの猫アレルギー❓

それだけは勘弁💦

 

譲渡会では、寝不足で目が赤いと思われて恥ずかしかったです😭

 

 

 

  この記事を書いたのは

ねころび代表
ねころび代表
地域猫のTNR活動と保護をしています。増え続ける野良猫の繁殖を抑制し、苦情や殺処分を減らしていきたい。猫に餌を与えないで下さいという掲示を見る度に胸が痛みます。保護猫以外の猫、犬、うさぎも一緒に暮らしています꒰⑅•ᴗ•⑅꒱

サイト作成応援します!

法人の大きな組織も、数人で運営する小規模組織も、たった一人で頑張っている個人の方も、動物を愛する気持ちはみんな同じ。
ねころびは同じ志で動物保護活動を行なっていらっしゃる方々が、少しでも楽に組織を運営できるよう、ねころびと同じ『ワードプレス』を利用したサイト作成のお手伝いをいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です