メニュー 閉じる

現在ねころびの運営費の多くが自費となっています。

少しでも多くの猫を救うためにあなたの力をお貸しください。

殺処分のない世界を目指して

ねころびでは、野良猫に不妊手術を施しさくらねことして地域に戻すTNR活動を行っています。 また小さな子猫はワクチン接種、ノミダニ駆除、駆虫、去勢手術を行い、ねころびシェルターにて保護。 新しい飼い主さんを探し、見つかるまで大切に育てています。

ねころび口座

私たちの活動には皆さんのご支援が必要です。よろしくお願いいたします。

名古屋銀行 支店名 五月通り支店
口座種別 普通
口座番号 3309809
口座名義 ねころび

カード決済

PayPalのカード決済による定期的なご支援が可能です。

ペイパル|新規登録無料、カードのポイント貯まる|VISA,Mastercard,JCB,American Express, 銀行

ペイパルは、世界で2億人以上が利用する「安全」で「簡単」なオンライン決済サービスです。利用方法は非常に簡単、数分で募金が完了します。ペイパルに新規登録後、アカウントにデビットまたはクレジットカードを登録するだけです。アカウント開設は無料。年会費もかかりません。

ねころびへの定期支援




私たちの思い

環境省によると、2017年度の猫の殺処分は全国で約3万5千匹でした。名古屋市の猫の殺処分数(収容中に死んだ猫を含む)は、1988年度の1万1193匹をピークに減少傾向でしたが、2009年度の殺処分数は政令指定都市の中でワーストでした。2018年度に麻酔薬などで殺処分された猫は161匹で、2017年度の76匹から急増し、4年ぶりに増加に転じました。

ねころびは名古屋市の支援の下、地域における野良猫対策『なごやかキャットサポーター活動』を行っています。

この活動は殺処分のない世界を目的に、新たに子猫が増えないよう避妊去勢手術を実施するなど、のら猫(飼主のいない猫)を適切に管理するボランティア活動です。
さらには、猫が好きな方と苦手な方の両方に配慮しながら、のら猫のフン尿などによる地域の環境問題を解決します。

100

99% では 1% 足りない

100% 殺処分のない世界を目指して

ショップで買うより譲渡会で

現在(2017年)でも全国で年間約3万5千頭もの猫が殺処分されています。

ペットが欲しい方はショップでの購入を考える前に、是非、ねころびの猫ちゃんたちの里親になることを検討して頂ければと思います。

ねころびにて保護をした子猫たちは、ねころびシェルターにて適切な環境のもと愛情を注ぎ育てています。

子猫と花の画像
手の中の子猫画像

なごやかキャットサポーター

ねころびは、名古屋市の支援の下、地域における野良猫対策(なごやかキャットサポーター活動)を行っています。

なごやかキャットサポーターとは、のら猫(飼主のいない猫)のフン尿などによる地域の環境問題を解決するため、猫が好きな方と苦手な方の両方に配慮しながら、新たに子猫が増えないよう避妊去勢手術を実施し、のら猫を適切に管理するボランティア活動です。

ご支援者一覧

ご支援いただいた方々ありがとうございました。

 
URUSHIYAMA様 毎月 10,000円(2017年7月より)
伊藤様 毎月 1,000円(2019年5月より)
岐阜県 O様 50,000円(30年4月)
福島県 T様 30,000円(30年7月)
海外 U様 30,000円(30年7月)
H様 7,000円(30年7月)
R様 3,000円(30年7月)
R様 50,000円(30年8月)
福島県 T様 30,000円(31月年1月)
岐阜県 O様 10,000円(31月年1月)
岐阜県 N様 3,000円(31月年3月)
長野県 Y様 20,000円(31月年3月)
O様 1,000円(31月年5月)
愛知県 A様 3,000円(31年6月)
岐阜県 O様 10,000円(31年7月)
福島県 T様 20,000円(31年7月)
愛知県 I様 20,000円(31年7月)
愛知県 M様 18,000円(31年7月)
T様 タオル

TNR等費用一覧

TNRやなごやかキャットサポーターの活動に係る費用をまとめました。

 
ワクチン 4,860円
FeLV、FIV検査 6,000円
回虫治療 3,730円
風邪治療 810円 ~ 2,240円
抜歯手術 10,100円
検査 1,515円
猫ウイルス検査 6,480円
猫3種混合ワクチン 4,320円