メニュー 閉じる

運営スタッフ

ねころびのスタッフ紹介

ご挨拶

私たちの活動からは利益は生まれません。スタッフ全員が仕事をしながらの活動となっており、活動費用は多くが自費となっています。私たちは日本中の犬猫殺処分ゼロを目指しています。しかし私たちに出来ることは限られています。私たちがこのエリアで数百匹の猫を救ったとしても、全国ではその何百倍もの尊い命が殺処分されています。それでも「誰か」が「何か」をしなければこの世界は変わりません。一人でも多くの方々に私たちの活動を知っていただき、そして参加していただくことが私たちの願いです。

ねころびは保護猫活動のネットワークを拡大します。

私たちの活動に参加しませんか。

2016年に衰弱した二組の野良猫親子と出会ったことがきっかけで、仲間と共にねころびを開設することを決意致しました。日本中の犬猫殺処分ゼロを目指し、主に不幸な野良猫を減らすための避妊去勢手術、恵まれない立場の動物の保護を行うために活動していきます。

ねころび代表

山本 麻衣

ねころび代表

スタッフ

ねころびを支えるスタッフたち。メンバー全てが仕事を持ちそれぞれの空いた時間でねころびの活動を行っているため、なかなか顔を合わせる機会がありません。男性メンバーはなんと全員40歳以上の頼もしいおじさま達。地域猫活動は女性がやっているイメージが強いですが、男性だってできます。男性の力や意見も必要。

ねころび代表

山本|会社員

ねころび代表。野良猫とすれ違うたびに話しかけるので、徒歩での移動は誰よりも時間がかかる。どうやら猫と話せるらしい(笑)

手を広げて立つ男性の画像

天野|会社員

ねころび第1シェルターのお世話担当。3年目に突入。日々の食事、排泄のお世話、掃除をしてくれています。ねこのきもちを毎月熟読して勉強中。

湖畔に立つ男性の画像

澤田|会社員

猫の移送を担当。譲渡会、野良猫ちゃんの捕獲、保護猫ちゃんのトライアルなどの時に、市外から駆けつけてくれます。綺麗好きで定期的にシェルターの掃除も。

手を広げて立つ男性の画像

Yoshi|会社員

ねころばお世話、譲渡担当。猫好きで自身も保護猫3匹と暮らしている。譲渡会の手伝いに来たことをきっかけに活動に興味を持ち参加。猫の健康管理や事務作業もこなす。

山頂に立つ男性の画像

猪股|会社員

猫部屋作り担当。DIYが趣味。ねころびの猫の里親になったことをきっかけに活動に参加。ねころばの修繕管理、猫たちの遊び場を制作。

ねころびスタッフ

eiichi|Web designer

ホームページ制作および広報担当。猫には全く関わっていません(笑)譲渡会およびスタッフミーティングの撮影時のみ、たまに登場。

ねころびとは

ねころびとは、猫が喜んで寝ころぶ姿を思い描いた造語です。

ねこ ::: よろこび ::: ねころび

ねころびの活動は、猫が好きな方と苦手な方の両方に配慮しながら、地域の方と地域猫の双方の幸せを願った活動です。

組織概要

団体名ねころび
代表者山本 麻衣
連絡先https://nekorobi.club/contact
設立2016年4月
スタッフ正規スタッフ 6名
協力チーム中川区 4名
中区 3名
中村区 2名
東区 7名
港区 1名
南区 2名

TV × Nekorobi

メ〜テレ " 癒しの存在 ”

放送されました。見て下さった皆様ありがとうございました。​とても素敵な番組に仕上げていただき、メ〜テレさんありがとうございました。マシュマロ、ビスケット&ラテ、キャンディの里親様方、ご出演ありがとうございました。

ひとつだけ、カットされてた部分を追加で説明させてください。
なごやかキャットサポーターが見守っているのは、避妊去勢が終わってさくら耳になった地域猫です。私たちの地域は、神社や近隣の方の協力の元、餌場、トイレ、寝床も何ヶ所か設置しています。映像では猫ちゃんに車の下から出てきてもらうために、餌を直置きするシーンがありましたが、普段はあのように餌を置いたりはしていません。

これからは周辺の地域にもっと広めていくことを考えています。
野良猫という種類の猫はいません。全ては人間が捨てたことから始まったんです。
せっかく産まれてきたのに人間の都合で殺処分される動物が、日本中でゼロになりますように。

透明画像
動画再生